あなたにとって、クレジットカードの「作りやすさ」は何ですか?

一口に「作りやすいクレジットカード」といっても、作る人の立場によって、
その「作りやすさ」を感じるカードは違ってきます。
あなたにとって、クレジットカードの「作りやすさ」は何ですか?

 

クレジットカードは、その種類によって
発行の際の資格や審査の条件がそれぞれ違いますから、
そもそも、作れる人と作れない人が出てくるからです。

 

資格の面から言えば、基本的に無職の人は作れませんし、
18歳以下の年齢ではクレジットカードは作れません。
資格はクリアしていても、審査における条件が通らなければ
クレジットカードは作ることが出来ません。

今のあなたに作れる【審査難易度が高くなく、申込間口が広いクレジットカード】で「クレヒス」を育てよう

あなたがもしご両親と同居していて、お父さんやお母さんがクレジットカードをもっているのであれば、
親の承諾をもらって、家族カードを発行してもらうというのもひとつの方法です。
ただし、家族カードを使っているうちはクレジットヒストリーがつかない為、あなた自身の信用は育ちません。
また、どうしてもカード審査に不安がある人はデビットカードを作るという選択肢もありますが、
後払い・分割払いが出来ないことや、ガソリンスタンドや高速道路等一部の支払いができないことなど、
クレジットカードとの違いから起こるデメリットがいくつかある中で、
やはり大きなデメリットはデビットカードも、クレジットヒストリーが付かないことです。

 

クレジットヒストリー(クレジットカードの利用履歴)がなければ、たとえ将来高年収になったとしても、
新規で自分名義のカードを希望したとき「作りずらさ」を感じることになる可能性があります。

 

ここでは、自分名義のクレジットカードを希望している人で、
初めてのカードを作ろうと思っている、あるいは
自分がクレジットカードを作る際のプロセスに何らかの不安がある、
現在そんな状況でこれを読んでいる方に、
もっとも申込間口が広く、審査難易度も高くなく、かつカードの申込みから受取までの手続きが簡単で分かりやすい、
そのうえカードの入年会費が無料で、維持費用の心配がなく安心な、

流通系・信販系・消費者金融系のクレジットカードを、例を挙げて紹介しています。

流通系・信販系・消費者金融系のクレジットカードが作りやすい理由

一般的に、公務員や一部上場企業の正社員など、安定・継続した高収入があり
かつ自分名義の持ち家のあるなどの人が作りやすいクレジットカードは、
決して主婦、学生、契約・派遣社員等にとって作りやすいクレジットカードではありませんが、

 

主婦、学生、契約・派遣社員等が作りやすいクレジットカードは、
公務員や一部上場企業正規社員など安定した高収入のある人にとっても、
作りやすいクレジットカードだと言えると思います。

 

この条件に当てはまるクレジットカードを発行しているのは、

 

  • 流通系クレジットカード(スーパーや百貨店等が発行するカード、楽天カードなど)
  • 信販系クレジットカード(信販会社が発行するカード、セゾンカードなど)
  • 消費者金融系クレジットカード(以前は何種類かあったが、現在はアコムACマスターカードだけ)

 

が該当することから、これらのカードがいわゆるところの、

 

比較的【作りやすいクレジットカード】だと言っていいと思います。

 

これらのクレジットカードが「作りやすい」理由は、発行元であるスーパーや百貨店、コンビニエンスストアや
ショッピングモールを運営する会社、それに消費者金融などが、クレジットカードを広く発行することで、
自社店舗での買い物客やキャッシング利用客等、顧客の囲い込みと獲得を目的にしているからです。

 

主婦、学生、契約・派遣社員等の人は収入の面で見れば、決して高いとはいえない職業属性ですが、
買い物をはじめ様々な日常的お金の支払いを行う
【消費者】という面で見ると、圧倒的に数の多い、非常に層の厚いユーザーになります。

 

学生をはじめ若年層の人は特に、AppleやAndroidのアプリ課金やゲームの課金等、
スマホ関連の支払いも多いですから、これらの支払いを
例えばコンビニでApp StoreカードやGoogle Playギフトカードで支払いをするよりも、
クレジットカードで支払いすれば、カードによって利用ポイントが付くため損がありません。

 

主婦や一人暮らしの人にとっても、公共料金や光熱費、家賃等の支払いは毎月行うものであり、
単に銀行口座から現金が引き落とされるよりも、これらをクレジットカード支払いに切り替えることで、
ポイント還元サービスを受けることが出来るなど、賢いお金の管理ができるようになります。

 

流通系・信販系・消費者金融系の会社にとって、この層の人たちを新しくお客様として取り込むには、
比較的作りやすいカードを発行することが有効な手段だからなんですね。

 

特に流通系クレジットカードは、生活密着型で年会費無料のものが多く、
ポイントサービスに加え、様々な電子マネーにも交換できますので、
一枚作って持っておくと、生活の中で役に立つ事も多く便利なカードです。

 

このことから、可能な限り手にしやすいクレジットカードを選ぶのであれば、
上記の流通系や信販系、もしくは消費者金融系が発行しているクレジットカードを選択するのがいいと思います。
以下で具体的なカードを例に挙げて紹介しておきたいと思います。

申込手続・審査と発行の早さ・カードの受取で見る作りやすさ

クレジットカードを作る際にどんなところが「作りやすい」と感じるか、
というのがありますが、そのポイントとして大まかに、

  • 申し込み・手続きが簡単である(ネットで申し込みが出来る)
  • 審査・カードの発行が早い
  • カードの受取り方法が、郵送だけでなく取りにいくことも出来る

他にも色々と「作りやすさ」に関する要素はあるかもしれませんが、
カードを作る際のこの大きな3点について、具体的に例を挙げてクレジットカードを紹介します。

ポイント1 申し込みが簡単である(ネットで申し込みが出来る)

クレジットカードを作る時の申し込み方法は色々とありますが、
一番簡単で早いのは、やはりインターネットを利用して申し込みをする方法でしょう。
スマホでのクレジットカードのネット申し込みができるようになって、
その作りやすさは格段に上がったと思います。

 

例えば本人確認書類をメールやスマホのアプリで
送付する方法をとっているところもあります。
この場合はスマホのカメラ機能やデジカメで
本人確認書類(免許証等)を撮影して送付するだけなので、とても簡単です。

 

また、ネット申込限定でポイントなどの特典が付くキャンペーンもよくありますので、
普段よりカード発行による特典が多くなることに加えて、
一般的にカード発行促進キャンペーン中は、
申し込みの間口がさらに広めになる期間でもあるため、
その点においても、ネットからの申込みはおすすめです。

 

ネット申し込みの場合はほとんどのクレジットカード会社が24時間受け付け可能です。
自分の都合のいい時間に申し込みが出来るのも、作りやすいクレジットカードの要素の1つだと言えますね。

楽天カードの場合:ネットで簡単申込、最短2分で申込み完了可能

楽天カード、楽天カードピンク券面

インターネットを利用して申し込みが出来る流通系クレジットカードの代表ともいえる
「楽天カード」の申し込み方法を例に見ていきましょう。

 

「楽天カード」のオンライン入会はネット完結型の申込です。
スマホやパソコン、タブレット等で楽天カード申込ページへアクセス、
必要事項を案内にしたがって入力フォームより入力・送信するだけで、
特に書類等の準備や申込書の返送などが必要なく、非常に簡単・便利です。
テレビコマーシャルでも「ネットで簡単申込,最短2分で申込み完了可能」
とアピールしているだけあって、現在最も作りやすく、
持っていれば何かと便利な年会費無料の定番カードだといえます。

 

楽天カードは、公式サイトの「楽天カードに入会」から申し込む事が出来ます。
楽天カード公式ページ
この際、楽天会員ページにログインする必要があります。
楽天会員の方はそのままログインすると楽天カードの申し込みのページが開きます。
楽天会員ではない方は「楽天会員に新規登録(無料)してサービスを利用する」を選ぶ(クリックする)と、
楽天会員登録のページが出てきます。こちらに必要事項を入力して登録をしてください。登録は簡単ですぐ出来ます。

 

楽天カードの申し込みページが開いたら、フォームに従って入力をしていきましょう。
この際に注意をしておきたい事は、「誤入力のないように気をつける」という事です。
ネットで申し込みをする場合に一番気をつけておかなければならないのが、この「誤入力」です。
年収などの誤入力もそうですが、住所や電話番号の誤入力であっても、
確認書類との差異があった場合に審査に落ちてしまう場合があります。

 

また少しでも審査を通りやすくしようとして、
年収や勤務先などに虚偽の申告をするケースもあるようですが、
こちらも絶対にしないようにしましょう。

 

後の審査で必ずバレてしまい審査に通らなくなってしまいます。

 

楽天カードの場合、入会条件は、
「満18歳以上で主婦・アルバイト・パート・学生も可」となっていますので、
申込者の間口は広く、生活密着型カードの代表的カードといえますから、
年収や勤務先を偽らなくても充分に審査に通る可能性はあります。
こういった審査上の観点からも、楽天カードは作りやすいクレジットカードと言えます。

 

また、これと同じ様な事なのですが、
申し込みの際に、「カード入会後のご利用目的」にチェックを入れるところがあります。
発行をスムーズにすること最優先で考えた場合、
ここは「普段のお買い物等に利用」にチェックを入れましょう。

 

楽天カードの申し込みを送信すると、審査の結果はメールで知らせてくれます。
早ければすぐに登録したメールに返信があります。
審査に時間がかかったとしても1周間以内には返信があります。

 

楽天カードの受け取り方法は、郵送のみです。
審査結果のメール受け取りから約1周間で、カードが郵送で届きます。
(自宅で郵送受取するまで、最短1週間以内ですからかなり早いです。)

 

楽天カードは受け取りの際に本人確認があります。
受け取りの際はスムーズに手続きできるように、
あらかじめ運転免許証または健康保険証、
パスポートなど本人が確認出来る書類を用意しておきましょう。

 

楽天カードを実際に使ってみると分かりますが、
カード利用のたびに楽天ポイントが付与されるうえに、
そのポイントを楽天市場などで手軽に使うことが出来るので、とても便利です。
申し込みのしやすさ、審査と資格の間口の広さだけでなく、
作っておいて損がないクレジットカードだと思います。
申込詳細は楽天カード公式ページへ

◆ポイント2 審査・カード発行が早い

出来るだけ早くクレジットカードを作って使いたい、というとき、
審査の早さとカード発行の早さがポイントになってきます。

 

作りやすいクレジットカード=審査に通りやすいクレジットカード、
と言ってもいいくらい、やはり審査に通るかどうかと言う事は重要な事になってきますよね。
しかも、今すぐクレジットカードが必要だというときに、
わざわざ審査が厳しいカードに申し込むのは、とても非効率です。

 

ここでは、出来るだけ早くカードが欲しい、
でも職業属性や収入などの面で、カード審査に通過するかどうか不安がある、
という人に、まず試してみるべき「最短その日のうちにカード発行可能」な
クレジットカードを紹介したいと思います。

アコムACマスターカードの場合:大至急カードが欲しいけど、審査に不安がある人に

アコムACマスターカード券面

アコムACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。
以前はいくつか存在した消費者金融系クレジットカードですが、
2016年現在では、消費者金融系で唯一発行されているカードでもあります。
契約社員や派遣社員、自営業、アルバイト・パート、
内職や日雇いなど、日給月給や歩合給の方でも申込み出来ます。
さすがに年金収入だけの方や生活保護受給者の方はNGですが、
20〜59歳で安定収入がある方なら誰でも申込みOKという、門戸の広いカードです。

 

しかも、公式サイトでネット申込して審査通過後、アコムACマスターカード発行に対応した
最寄のアコムの無人契約機むじんくんへ出向くことが出来れば、
最短その日のうちにクレジットカードを受け取ることが出来る、「即日発行カード」の代名詞的な存在です。
アコムACマスターカード公式ページ
(※アコム公式サイトで「ACマスターカード発行」に対応した
むじんくん自動契約機が検索可能ですので、予めチェックしておくと便利です。)

 

審査⇒発行の早さという点から見た、作りやすさでいえばトップクラスだと思いますし、
どうしても急ぎでカードが欲しい時、年会費も無料のアコムACマスターカードは便利ですし

消費者金融発行のクレジットカードだとは分からないデザインになっていますので、見た目も安心です。

 

 

申し込みもネットで簡単に申し込みが出来ます。
アコムACマスターカードの申し込みからカードの受け取り方法を
いかに簡単に説明しておきますと、

 

アコムACマスターカードの公式サイトから申し込みをする

アコムの担当者より審査結果の連絡がある

アコムのむじんくんまたは店頭窓口へ行く

カード発行

 

と、コレだけです。申し込みから審査結果を受け取るまでは最短で30分です
(場合によっては時間がかかる場合もあります)。
審査結果を受け取った際に「アコムACマスターカード発行希望」であることを、担当者に必ず伝えてください。

 

カード発行には本人確認書類が必要です。
免許証など本人が確認出来る書類を持ってむじんくんか店頭に出向きましょう。
郵送でクレジットカードを送ってもらう事も可能です。

 

また、先ほどのネット申し込みのところでもお伝えしましたが、
申し込みの入力の際には「誤入力」「虚偽の申告」がないように気をつけましょう。

 

ただ、このアコムACマスターカードには大きなデメリットがあります。たとえば

  • カード利用してもポイントサービスがない
  • 付帯保険がない
  • リボ払い専用カードなので、手数料が高い

などがありますので、アコムACマスターカードを利用する際は
これらのデメリットをあらかじめ知っておくことが必要です。
アコムACマスターカードは、作りやすいカードである反面、使い勝手は決していいとはいえないカードです。
申込詳細はアコムACマスターカード公式ページへ

◆ポイント3 カードの受取り方法が、郵送だけでなく取りにいける

先ほどのアコムACマスターカードでもお話しましたが、
やはり作りやすいクレジットカードとしては
最短、その日のうちにクレジットカードを受け取ることが可能であること
「作りやすいこと」を位置づけする重要な要素の1つでしょう。

 

アコムのACマスターカードは当日での発行・受け取り可能ですが、そのほかに
クレジットカードを使うメリットがまったくないというデメリットがあります。

 

実は即日での発行・カード受取りが可能なクレジットカードでは、
もうひとつ代表的なものとして、
信販系カードの代表でもある、クレディセゾンの発行するクレジットカードがあります。

 

午前中にネットで申し込んで夕方にはカードが受け取りにいけるという
申込から発行・受け取りまでの早さに加えて、
年会費永年無料、ポイントに期限がなく貯め放題、割引サービスなど
クレジットカード利用のメリットもついて使い勝手もいい、
セゾンのクレジットカードについて紹介します。

セゾンカードインターナショナルの場合:カード発行当日に、自分でカードを受け取りにいける

セゾンカードインターナショナル券面

セゾングループの信販会社クレディセゾンのスタンダードクレジットカードである、
セゾンカードインターナショナルなら、最短即日発行・即日受け取りが可能です。
予めその日の午前中にでも公式サイトでネット申込をしておき、セゾンカウンターでの受取りを選択。
審査通過後に必要書類を持参して、
最寄の即日発行対応セゾンカウンターへ営業時間内に出向くことが出来れば、
クレジットカードの当日受取が可能です。
(※郵送での受取の場合約3日で届きます)
セゾンカードインターナショナル公式ページ

 

国際ブランドでmaster、VISA、JCBを選択すれば年会費無料、
アメックスを選択した場合のみ1,050円(税込)がかかります。
無期限にポイントが貯められる「永久不滅ポイント」や
毎月5・20日には、西友等セゾングループのお店での買い物が5%OFFになるサービスもあり、
安心と迅速な対応で人気のクレジットカードです。

 

セゾンカードインターナショナルの申し込みからカード発行までの手順は以下の通りです。

 

セゾンカードインターナショナル公式サイトから申し込みをする

受付完了メールが届く

担当者より申し込み確認の電話がある

審査結果のメールが届く

郵送もしくはセゾン即日発行対応カウンターでカード受取り

 

こちらもネットでの申し込みの際には、「誤入力」「虚偽の申告」には充分気をつけてください。

 

セゾン即日発行対応カウンターでカードを受け取る際には以下のものが必要です。

 

・審査結果メールに記載されている受付番号
・本人確認書類(運転免許証など)
・金融機関の届出印
・キャッシュカード・通帳などの口座番号がわかるもの

 

ただし注意する点は、
セゾンカウンターでの受取りを選択した場合、あとから郵送受取りに変更することが出来ません。
また審査結果メール到着後、7日以内にセゾンカウンターにて受取がない場合、
カードは解約となり、再度申し込みが必要となりますので、あらかじめ注意が必要です。

 

作りたいなと思った時に即日で手にできるクレジットカードは、まさしく「作りやすいクレジットカード」だと言えますね。
申込詳細はセゾンカードインターナショナル公式ページへ

「クレジットカードが作れれば何でもいい」があまりおすすめできない理由

上記のような作りやすいクレジットカードを選ぶ立場の人にとって
「作れればどんなカードでもいい」という気持ちを持ってしまいがちです。
しかしそれはあまりおすすめできることではありません。

 

そもそも、クレジットカードを作るときの基本的な約束事として、
自分の生活スタイルに適したクレジットカードを選ぶというのがあります。

 

カードを作ったはいいけど、欲しかったのは急いでいたはじめのときだけで
結局普段ほとんど使わなかった、というのでは非常にもったいないです。
現状で「作りやすいクレジットカード」を探している今のあなたにとって、
手にしたカードはそれこそ「使ってなんぼ、うまく使わなければ損」です。

 

たとえば消費者金融系のアコムACマスターカードは、
審査難易度が高くなく、申し込み資格の間口も広く、
「最短即日発行・即日受け取り可能」という大きなメリットがありますが、
いってみればそれ以外のメリットが見当たらないカードだともいえなくはないので、
どうしても大至急クレジットカードが必要だという場合においてのみ、選択するべきカードだと思います。

 

それ以外の場合なら、まずは、現在の自分に作ることが出来るクレジットカードの中から、
自分のライフスタイルの中で、よくお金を使う場面で使えるカードを選んで、
メインカードとして一枚作り、日々の買い物、光熱費、スマホの通信費、ネットショッピングの支払いなどなど、
自分の日常の生活の中のお金の支払いを、出来るだけカード払いに変更してみましょう。

 

例えば楽天カード等流通系カードややセゾンカードインターナショナル等信販系カードなら、
カード利用のたびにポイントが貯まる特典をはじめ、
カード支払いすることで割引が受けられるサービスが数多く用意されていますので、
ただ現金で支払いするよりも、いろいろとお金の節約にもつながるメリットがあります。

 

そうして日頃からクレジットヒストリーの実績をコツコツと積み立てていくこと。
それは、今後自分が所持してみたいと思う、ワンランク上のクレジットカードを作る時の審査に際しても、
「作りやすい」と感じるようになるための、ひとつの重要な条件になります。

 

そのためには、
必ず自分のライフスタイルの中で、「使う・使える」クレジットカードを持つということが重要です。

クレジットカードが作りやすくなった大きな理由「インターネット利用」

1:ネット利用で、自分に適したカードを「探す・選ぶ」のが楽になった

インターネットが普及してなかった頃は、
書籍やカード会社・銀行等のパンフレットを集めて比較検討するなど、
自分に適したクレジットカードを探すのも、また選ぶのもひと苦労だったのですが、
現在はネット上で手軽に比較サイトなどを閲覧することができるため、
カード選びにかかる、わずらわしいその手間がかからなくなりました。

2:ネット申し込み・手続きで、「作りやすくなった」

申し込みに関しても、店舗や銀行へ出向いて
申込み手続きするしかなかったのですが、
現在では、クレジットカードの申し込みは、
そのほとんどでネット申込が主流になり、
時間がかかっていた人的手続き・書類手続きが大幅に簡素化され、
飛躍的にクレジットカードが作りやすくなりました。

 

また、モバイル端末である携帯電話やスマートフォンの本格的な普及に伴って、
他人に知られたくない時でもプライバシーが守られるようになりました。

 

現在ではインターネット接続することができる
パソコン、スマートフォン、タブレット、携帯電話等の端末さえあれば、
ネット申し込みは、基本的に24時間365日いつでも、時間と場所を問わない上、
欲しいと思ったそのときに希望するクレジットカードの公式申込ページにアクセスし、
申込画面にて、必要事項を入力し送信することで、
インターネット申込が簡単にできるのは、
インターネットの広がりとスマホをはじめとしたモバイル端末の普及がその背景にあります。

 

楽天カードなど、ネットからの申込が簡単で有名ですが、今後、スマートフォンのアプリ等の開発がすすんでいけば、
もっとクレジットカード申込の手続きが手軽に、早く簡単に済ますことが可能になることが予想されますね。